草加市弓道連盟ホームページへようこそ!

2017年

6月

05日

第10回 川口遠的大会

6月4日(日)、川口市戸塚スポーツセンター弓道場にて第10回川口遠的大会が開催されました。
川口市弓道連盟 坂本会長による矢渡しに続いて、参加77名により四矢立射3回の計12射(的中制)で競技が行われました。
からりとした晴天に恵まれ、風はさわやかなこの日、60メートル先の的に向かって矢を放つ開放感もまたひとしおです。
競技の結果、彩弓会の小野選手が12射皆中という素晴らしい成績で優勝。納射でも堂々とした射で皆中され、見事に大会を締め括って頂きました。第2位は木内選手(吉川)、第3位は中村選手(越谷)です。おめでとうございます!!
わが連盟からは5人が参加し、残念ながら入賞はならずでしたが、来週には県南支部の優勝杯決定戦、女子部の遠的大会が控え、更に来月は県の遠的大会など、まだまた試合は目白押しです。自分の射を悔いなくできるよう、暑さに負けず頑張りたいと思います。
陽射し降り注ぐ中、運営いただいた川口市弓道連盟の皆様、ありがとうございました。(鋒城)

2017年

5月

21日

埼玉県選手権大会

本日5/21(日)埼玉県立武道館にて埼玉県選手権大会が開催され、参段以下の部で当連盟の小野寺選手が第二位に輝きました。この結果、小野寺選手は6/18(日)宇都宮市で開催される第60回三県選抜弓道大会への出場が決定しました。おめでとうございます!!

2017年

5月

03日

第132回 明治神宮奉納遠的弓道大会

5月3日(水)明治神宮至誠館第二弓道場にて第132回明治神宮奉納遠的弓道大会が開催されました。

 

好天に恵まれた弓道日和の日差しの下、参加481名による予選が四矢1回(的中制)で行われ、予選2中以上による決勝戦が射詰(3回目より79cm的)により行われました。

 

競技の結果、学生の部は女子同士の一騎打ちを制し黒木選手(美原高)が優勝。四段以下の部は石田選手(東京第二)、五段以上の部は増田選手(静岡)がそれぞれ優勝されました。おめでとうございます!

 

今回、決勝の射詰は最大で8回にも及びました。大勢の観衆が見守るなか、いずれ一歩も引かない緊張感溢れる決勝戦は大変見応えがありました。

 

当連盟からは四段以下の部に3名が参加し、うち1名が決勝進出したものの残念ながら入賞は成らず。しかし大変貴重な経験をさせて頂きました。

次回こそは…!と、思いを新たに神宮の杜を後にしました。

 

大会を主催頂いた東京都弓道連盟の皆様誠にありがとうございました。

2017年

4月

29日

第24回 春日部・藤まつり弓道大会

本日4/29(土)春日部市民武道館弓道場にて「第24会 春日部・藤まつり弓道大会」が開催されました。

 

「藤」は春日部市の市花であり「牛島の藤」は全国的にも有名です。毎年この時期市内で開催される藤まつりにちなみ、春日部市民武道館では恒例の藤まつり弓道大会が開催されます。

 

美しい藤の花が飾られた射場、そして安土には毎年趣向を凝らした大きな絵(春日部市弓道連盟の女性会員による力作だそうです)。

 

この大会の見どころは、まず何と言っても、毎回異なるテーマにより行われる矢渡しでしょう。

今年は「神武東征」をテーマとして大変凝った演出が行われました。音楽とナレーション付きの寸劇、金色のトビが光を放ち、そして鏑矢の「ホー」という音とともに安土の幕が払われると、会場から思わず「おおぉーっ」と感嘆の声が漏れます。すばらしい!!(一体いつ練習されてるんでしょうか!!???) 

矢渡し「神武東征」鏑矢の音が神秘的です
矢渡し「神武東征」鏑矢の音が神秘的です
なぜか競技の合間に卓球ができます(これが結構楽しい)
なぜか競技の合間に卓球ができます(これが結構楽しい)

 

矢渡しに続いて280名による競技が行われ、阿久津選手(杉戸)が優勝。第二位は島田選手(春日部)、遠近競射を制した新島選手(幸手)が第三位となりました。おめでとうございます!

 

当連盟からは8名が参加したものの決勝に残れず。しかし2名が飛び賞の豪華賞品を頂きました。

 

さて大会の準備・運営はたとえ小規模な大会でも結構大変なものですが、この大会は何しろ300名近い参加者ですし、事前の準備が本当に大変であったと思います。また大会に先駆けて会員総出で安土整備(砂の入れ替え)も行われたそうです。

おかげさまで、大変気持ちよく、そして楽しく大会に参加させて頂くことができました。

 

春日部市弓道連盟の皆様、本当にありがとうございました。

 

2017年

4月

24日

初心者弓道教室のご案内

本年も恒例の初心者弓道教室が開催されます。参加者募集中。

当連盟の経験豊かな指導陣が講師を務めます。

 

【開催日時】6/3〜8/5 毎週土曜日10:00〜12:00

(6/17,24を除く)全8回

【場所】草加市スポーツ健康都市記念体育館弓道場

【対象】18歳以上

【定員】15名(希望者多数の場合は抽選)

【費用】4,000円(8回分)

【主催】草加市体育協会

【募集期間】5/6〜5/20(5/6から受付)

【申込方法】草加市体育協会ホームページまたは往復はがき

 

※申込方法は草加市体育協会ホームページをご覧下さい。

http://www.soka-taikyo.org/kyousitu.htm#kitai

※当ホームページからの申し込みは出来ませんのでご注意下さい。

 

2017年

4月

16日

29年度総会・総会射会

本日、草加市弓道連盟の29年度総会・総会射会が開催されました。

 

午前中の総会では、28年度の事業報告、収支決算報告そして29年度の事業計画、行事予定、収支予算が承認・議決され、また、役員の改選が行われました。

 

お昼を挟んで、午後は総会射会です。

総勢34名による一手坐射3回、計6射の競技が行われ、優勝決定戦は射詰から遠近競射までもつれこむ接戦となりました。

 

これをもって当連盟の29年度活動が正式にスタートしましたが、今年は連盟設立30周年の節目の年でもあります。今後ともどうか宜しくお願いいたします。(小谷)

 

2017年

4月

05日

第70回 氷川神社花しづめ祭奉納弓道大会

本日、大宮の氷川神社にて、第70回氷川神社奉納弓道大会が開催されました。

 

古来、春の季節「霊力を持った花が散るとき疫神・悪霊が活動して病を拡げる」と信じられてきました。これを鎮めるために平安時代に神祇官で始まった行事が鎮花祭(花しづめのまつり)です。

 

大宮市の氷川神社では、毎年4月に「花しづめ祭」が執り行われ、境内では美しい鎮花の舞が奉奏されました。

 

折しも隣接する大宮公園では桜が満開を迎え、朝から多くの花見客が訪れていましたが、そんな賑やかな神社境内の特設会場で、奉納弓道大会が始まりました。

競技は「一般の部」「高校生の部」に分かれた3人1組の団体戦が行われましたが、特に高校生の部が行われた特設会場は神社参道に当たることもあって、黒山の人だかり。行き交う参拝客も弓道大会の様子に見入っていました。

 

草加チーム(写真提供:川口市弓道連盟Sさん)
草加チーム(写真提供:川口市弓道連盟Sさん)

 

当連盟からは一般の部に2チーム6名が参加しました。

屋外での弓道大会は普段あまり参加する機会が無いので、とても新鮮な気分です。

青空の下で春の風を感じながら引く弓はとても気持ち良く爽快でした。

 

結果は残念ながら決勝に進むことは出来ませんでしたが、競技の合間に神社に参拝したり、競技のあと大宮公園で弁当を広げて満開の桜を満喫し、とても楽しい一日となりました。

 

大会を運営頂いた弓道大会実行委員会、さいたま市弓道連盟の皆様、どうもありがとうございました。(小谷)

 

 


2017年

4月

02日

第32回 越谷遠的弓道大会

4月2日(日)緑の森越谷市弓道場にて第32回越谷遠的弓道大会が開催されました。

午前10時、越谷市弓道連盟 鹿野会長による矢渡しに続き、参加99名により四矢立射2回の計8射(得点制)で競技が行われました。

 

弓道の競技には近的競技と遠的競技がありますが、普段よく見かけるのは近的競技(28m先の直径36cmの的)に対して、遠的競技は60m先の的(基本は直径1m)を狙います。

 

また近的競技が通常は「的中制(的のどこに当たっても当たり)」であるのに対し、遠的競技は「的中制」と「得点制」のふたつの競技形態があり、得点制の場合は的の中心点から半径10cm以内が10点。以降同心円状に10cm離れるごとに9点、7点、5点、3点という得点となります。

 

さて本日の競技ですが、かなりのハイレベルな内容となりました。そんな中、吉川の宮崎(な)選手が圧倒的な強さで優勝。おめでとうございます!!

 

わが草加市弓道連盟からは3名が参加し、村社選手が11位入賞しましたが、残念ながらその他は入賞なりませんでした。

 

隣接する久伊豆神社の桜はいよいよ開花間近!!という春の日の遠的弓道大会でした。

運営を頂いた越谷市弓道連盟の皆様、どうもありがとうございました。(小谷)

 

 

2017年

3月

26日

第29回 武輝神社奉納射会

本日3月26日(日)、吉川一心館弓道場にて第29回武輝(たけてる)神社奉納射会が開催されました。

 

埼玉県吉川市に鎮座する「武輝神社」は、武神・軍神である経津主神(ふつぬしのかみ=香取大明神)を御祭神とする神社であり、幕末に神祇官から社名を受けたと伝えられています。

「一心館弓道場」は、この武輝神社の故・鈴木宮司が初代館長として開いた道場で、現在の館長は平成25年第64回全日本男子弓道選手権大会(天皇盃)優勝、教士七段 瀧上三郎先生です。

 

この一心館弓道場で毎年3月に開催される武輝神社奉納射会は、埼玉県内の県南地区各市町のみならず近隣市町から多くの参加者が集います。今年の射会も県南各市町をはじめ春日部、朝霞、久喜、上尾、幸手、さいたま、流山、足立、柏、浅草などを含め実に総勢149名が集いました。

 

午前9時、「ドンッ、ドンッ」という太鼓の音に続いて神職による厳かな神事が執り行われ、瀧上館長による矢渡し。そして競技(奉射)が始まります。今日は肌寒いあいにくの雨模様となりましたが、そんな中、一手1回、四矢1回計6射による競技の結果は6射皆中4名、5中6名という大接戦に。そして4中者・5中者による順位決定戦(遠近競射)に続き、皆中者4名による優勝決定戦(射詰競射)が行われました。緊迫の射詰は、尺二的で4名中2名が2射まで詰め、勝負は八寸的による一騎打ち。これを見事制した前澤選手(春日部)が優勝に輝きました。

上位入賞は①前澤選手(春日部)②吉田選手(久喜)③石川選手(柏)おめでとうございます!

 

さて。この射会の名物は何といっても入賞賞品の「米俵」でしょう。この米俵は一心館会員が伝統技法で編み上げた大変貴重なものです。そして熱戦を戦った選手の冷え切った身体を癒すのは一心館の女性陣手作りのアツアツの「豚汁」です。

 

これ毎年とても楽しみなのです。具だくさんで、本当に美味しいです。

 

いつもの大会・射会とは一味もふた味も違う一心館の奉納射会。これが終わるといよいよ春の訪れです。

事前の準備・当日の運営等々、一心館の皆様、ありがとうございました!!


私ごとで恐縮ながら飛賞として坂本先生謹製の筆粉(籾殻完全燃焼)を頂きました。おおおーーーっ。中たらない人はこれをつけて精進せえ!ということでしょうか。。。むむむ。頑張ります!!!!(小谷)

2017年

3月

18日

平成29年度県南支部総会・総会射会

本日、県営大宮公園弓道場にて、埼玉県弓道連盟県南支部の平成29年度総会及び総会射会が行われました。

 

午前9時半から開始された総会では28年度事業報告、決算報告等及び29年度事業計画、予算計画が了承されるとともに、役員改選が行われ、森正一新支部長のもと、新体制で29年度を迎えることとなりました。

 

総会に引き続いて総会射会。

森支部長による矢渡しに引き続き、参加104名による競技が一手坐射3回の計6射で行われ、相馬選手(川口)が優勝。遠近競射により秋元選手(戸田)が第2位、昆(恵)選手(川口)が第3位となりました。

 

暖かい日和に恵まれ、春の香りを感じさせるような一日でした。(小谷)


過去記事(クリックで内容表示。ホームボタンで戻ります)

2017年

5月

21日

埼玉県選手権大会

続きを読む

2017年

1月

01日

謹賀新年

続きを読む

2016年

12月

25日

道場大掃除

続きを読む

2016年

12月

23日

納射会

続きを読む

2016年

12月

11日

県南支部納射会

続きを読む

2016年

8月

23日

新アイテム登場!

続きを読む

2016年

7月

19日

県南支部優勝杯戦

続きを読む

2015年

12月

23日

納射会

続きを読む

2015年

12月

20日

年末恒例

続きを読む

2015年

12月

13日

県南支部納射会

続きを読む

2015年

9月

13日

月例射会(9月)

続きを読む

2015年

7月

20日

三県選抜大会速報

続きを読む

2015年

7月

05日

月例射会(7月)

続きを読む

2015年

6月

29日

切れ弦 × 扇風機

続きを読む

2015年

6月

07日

月例射会(6月)

続きを読む

2015年

5月

03日

月例射会(5月)

続きを読む

2015年

4月

12日

月例射会(4月)

続きを読む

2015年

3月

29日

武輝神社奉納射会

続きを読む

2015年

3月

08日

月例射会(3月)

続きを読む

2015年

3月

02日

武道まつり

続きを読む

2015年

2月

08日

月例射会(2月)

続きを読む

2015年

1月

18日

初射会

続きを読む

2015年

1月

10日

県南支部初射会

続きを読む

2014年

12月

21日

納射会

続きを読む

2014年

12月

20日

道場大掃除

続きを読む